パワーポイント の的な基本 使い方を初心者でもわかりやすく動画解説付き!

スポンサードリンク

 

 

メインブログはこちら ⇒http:--keishixx.com-blog 無料メール講座登録はこちら ⇒http:--keishixx.com-ytb
登録日:2014-08-24 16:03:14

 

 

新規ソフトウェアの使用を開始すると、用語を知らなくても混乱することがよくあるものです。

今後、パワーポイントを使いたい方には、私が覚えておきたい言葉を紹介します!



パワーポイントは「プレゼンテーションツール」と言われることがよくあります。目当てはワープロとは異なり、主に画面を投写して画面を表示するときに使用されます。

したがって、各ページは「スライド」と呼ばれています。文章はワープロのように接続されていないので、各スライドは独立しています。

各スライド(ページ)は独立しているため、ドラッグ&ドロップで簡単にスライドを変更することができて便利なのです。

次のページを編集するには、この「新しいスライド」をクリックします。次に、次のページを挿入することができます。



アウトラインとは?

 

 

それは日本語に翻訳されるとき、"見出し、フレームワーク"のようなものです

画面の左側には、「スライド」と「アウトライン」を切り替えるためのタブがあります。

アウトラインをクリックして入換えることで、見出しなどを左側のアウトラインウィンドウに簡単に入力することができます。

外観を楽しみにしているときは、全体の構図を描くときにアウトラインから入力を開始すると便利です。

Tabキーを使用すると、階層的なアウトラインを入力することもできます。上図の国内外の部品です。


グループ化とは?

スポンサードリンク




導入する次の便利な機能は「グループ化」です。

あなたが何かを描くときには、サイズを一括して移動して変更したいことがよくあります。

このような場合、ダイアグラム、線、テキストボックスなどをグループ化すると便利なのです。

グループ化したいオブジェクトをマウスで囲むか、コントロールキーをクリックしてクリックして上記のように選択します。

次に、右クリック→グループ化(G)を選択してグループ化することができます。



右クリックする代わりに、[書式]タブ→[グループ化(G)]を使用しても同じことができます。

グループ化は同じ操作で取り消すことができます。
前/後ろに移動する


PowerPointはイメージとテキストボックスを自由に配置できますが、必要に応じて表示されないことがあります。

私は図形に文字を表示したいが、重なりの状態は逆転し、文字は隠されている。

このような場合は、「前へ移動/前へ移動」を使用します。

グループ分けのように、右クリック→裏に移動→後ろに移動すると、隠れた「愛おおおかさしさしし」の半分が図の上に表示されます。

グループ化と同様に、書式タブでも同じ操作を行うことができます。→後ろに移動します。
上の図では、自動的にスペルチェックが行われたため、「けいこそし」の下に赤い波線があります。不自然な言葉なので、間違いであるという警告です。時計のタブを確認→スペルを確認して文書を校正(一番左のアイコン)し、「この文字列はこれです」という意味の「警告を無視」を選択すると波線が消えます。

 


スライドショーとは?




プレゼンテイションツールですので、動画みた表示したいです。プレゼンテーションには「スライドショー」が使用されます。

上記の図のように編集に使用したメニューバーが消え、スライドが全画面表示されます。

「スライドショー」タブをクリックして「最初から」または「現在のスライドから」をクリックすると、上の図のように画面がいっぱいになるスライドが表示されます。

次のスライドに移動するには、クリック、Enterキー、次のページ(PageDown)キーなどを使用します。最後のページに行くとスライドショーが終了し、通常の編集画面に戻ります。

編集画面からF5キーを押すと、スライドショーを開始できます。スライドショー中にEsc(エスケープ)キーを押すと、スライドショーが終了し、編集画面に戻ります。以上で基本操作の説明を終わりにしたいと思います

スポンサードリンク