電車内動画「USBメモリ等のウイルスの危険性に関する情報」

 

スポンサードリンク

 

USBメモリやSDカード等の外部記憶媒体を介してウイルスに感染する被害が多く発生しています。

IPAが2011年度に実施した調査では、発見したウイルスの侵入経路として「外部媒体、持ち込みパソコン」によるものが55%とトップであり、前年度よりも11ポイント増加しています。これら外部記憶媒体ついてもセキュリティの対策を行いましょう。


登録日:2012-07-04 08:19:52

スポンサードリンク