XPサポート終了を発表 !ウイルス感染の可能性は?

スポンサードリンク

 

 

日本マイクロソフトは9日午前パソコン用基本ソフトOS
ウィンドウズXPのセキュリティーを更新する最終プログラムの配布を実行し、XPのサポートを終了したと発表、今後は欠陥が見つかっても修正プログラムが提供されずウイルス感染の可能性が高くなります


登録日:2014-04-09 22:35:30

 

 

xpはすぐにウイル背感染する

 

●私は最近、パソコン上で奇妙な表示が出てきたというサポートを求めました。そのコンピュータはWindowsXPに残っていて、通常はインターネットを使っている状態でした。

いわゆるランサムウェアと呼ばれるものが感染しています。今度は模倣ですが、今度は暗号化による被害はありませんでしたが、1000件近くのウイルス関連ファイルがディレクトリディレクトリに公開されていましたが、それだけであれば今年のウイルス診断支援の記録の1位になりました。

・ウィルスソフトウェアが導入されましたが、アドビ関連のアップデートが適用されていないためWindowsXPですが、サポート期間が終了してから1年以上が経過しています。

●XPのディレクトリ構造、アクセス制御、アクセス権を使用すると、脆弱な場合はスティッキー状態になり、フォルダにアクセスしています。

●XPなので、このような状況が招かれているのは明らかです。すくなくとも7または8.1で、あなたは遠からずにいるでしょう。

しかし、実を言えばには、そのような支援先での現実が前に置かれているか、「役に立たないことはない」というITの未記入の法則が鋼の壁であるかどうかは確信しています。

●最近、「ウィンドウズXPは危険だと言われていますが、何も起こっていません。交換需要の根幹ではありませんか?それは単に幸運だったのか、それが自分の使い方であるだけなので、あなた自身の定規で人を測るべきではないからです。

スポンサードリンク



ウィンドウズXP「ストローハウス」

 


しかし、それはOSの種類と安全対策の新しさにのみ依存すると言っても過言ではありません。有名な物語"3つのラグ"では、WindowsXPは"わらの家"、7は8.1"木の家"です。つまり、強力な人でも、7や8.1でも吹き飛ばされます。

●それで、吹き飛ばされなかった「レンガ造りの家」に相当するものは何ですか?いいえWindows10?...それじゃない。

次のうち3つは"レンガ造りの家"のための資料です。

○アプリケーションとOSの毎日の更新
(ドライブバイダウンロードを防止する)


○効果的なセキュリティ対策


(予期せずに期限切れのセキュリティソフトウェアを使用している例が多くあります)


○ユーザースキル


(ガイダンスが発生しやすいトラップとテクニック、適切な処理によって捕らえられない知識)

●これらのうちの1つが欠けている場合、「レンガ造りの家」は完成していないと言えます。それでは、どうやってこの資料を入手できますか?



煉瓦家の材料、重要な第三の"ユーザーのスキル"

 


●セキュリティは、外部からの攻撃に耐えられるだけの頑丈な鍵の作成、壁の厚さの確保、厳格なセキュリティなど、セキュリティソフトウェアやネットワーク機器によるサービスなど、物理量操作を目的としています。内部から破壊されたものがやむを得ない「ターゲット型」「水滴型」と呼ばれているため、このような量の操作には限界があります。

●内部から脆弱な部分をがっちりと補強し、攻撃を招かない行動、標的にならない措置、感染したとしても適切な処理を行う。

●近年、外部からの攻撃に対して対策や対策が取られているのと同様に突破することは非常に困難になってきているが、内部からの「信用できる間違い」、つまりユーザの「間違い」「理解」、「意識の低さ」が脅威になっています。実際には、「3つの蓋」に隠されているヒントがあります。

●レンガの家は吹き飛ばされなかったが、オオカミは煙突を見つける。つまり、レンガ造りの家の「脆弱性」です。しかし、一番下の弟が賢明なので、すぐに暖炉を焼き払い、オオカミを撃退するように仕事をやめ、私の兄弟はすべて救われました。これは「スキル」に相当します。これは、レンガハウスの3番目の素材、"ユーザーのスキル"です。

●しかし、私が住んでいる地域社会や行政では、そのようなスキル向上のための授業や勉強会はまったくありません。もちろん、ワープロの教室やタブレットの教室が必要かもしれませんが、IT環境やデータの「富」を保護するために、ITに関するワークショップや学習セッションをさらに行う必要があると私は考えています。

スポンサードリンク