エクセル のvlookup 関数の使い方!初心者にもわかりやすい動画あり

 

スポンサードリンク

 

 

こんにちは。 啓projectです。 初心者からのExcel講座 第34回です。 第34回はVLOOKUP関数の基本についてです。 データを検索して抽出する関数です。 かなり便利な関数ですが ちょっと慣れるまでは使い方が難しいと思います。 今回、基本の使い方について説明しています。 いろいろな場面で使うことがあると思うので この機会に使い方を覚えてください。 福岡市近郊のカルチャーセンターで 講座を開講しています。 またSkypeを使ったオンライン講座や 出張講座も可能です。↓↓↓
登録日:2017-09-04 12:42:58

 

 

VLOOKUP関数の使い所

スポンサードリンク


Excel(エクセル)のVLOOKUP関数は、指定された範囲の1列目(一番左端の列)で値を検索し、その指定範囲内の別の列の同じ行にある値を返します。検索データが横方向(行)の場合は、HLOOKUP関数を使用します。



可能なこととは?

先頭列で検索して対応する値を求める

Excelの対応バージョン

Excel2010、Excel2007、Excel2003、Excel2002

アドイン

必要なし

項目詳細
書式

VLOOKUP(検索値、範囲、列番号、検索の型)

検索値

(必須)

検索する値またはセル参照を指定します。

範囲

(必須)

2列以上のセル範囲を指定します。ここで指定した範囲の左端の列で検索値を検索します。

列番号

(必須)

目的情報が入力されている列番号を指定します。

重要範囲の左端の列が1になり、次の列が2になります。

検索の型

(省略可)

検索値の検索方法をTRUE(近似値)かFALSE(完全一致)で指定します。省略するとTRUEとして処理されます。

TRUEの場合範囲の左端の列にある情報を、昇順に並べ替えておく必要があります。昇順になってない場合、正しい結果が求められません。検索値が見つからない場合は、検索値未満の最大値が使用されます。

FALSEの場合データの並べ替えは必要なく、検索値が文字列の場合にワイルドカードが使用できます。検索値を完全に一致するデータが無い場合エラー値「#N/A」が返されます。

VLOOKUP関数の使用例(その1)
vlookup関数の使用例

=VLOOKUP("ネギ"、A2:C6、3、FALSE)

結果

800

説明

商品名から「ネギ」を検索して、ネギの値段を調べます。

(その2)「近似値検索」
vlookup関数近似値の使用例

=VLOOKUP(60、A2:B6、2、TRUE)

結果

数学

説明

検索値「60点」が範囲内に無いため、「60点」未満の最大値である「55点」が検索値と使用されます。点数は予め昇順で並べ替えておく必要があります。


=VLOOKUP(60、A2:B6、2、FALSE)

結果

#N/A

説明

検索の型をFALSE(完全一致)にすると、検索値「60点」が範囲内に無いためエラー値が返されます。

 

 

スポンサードリンク