初心者向けエクセルで表の作り方

スポンサードリンク

 


 

Excelでの表の作り方。表はエクセルを利用する上で基本中の基本です。エクセル入門の初心者でもわかりやすく説明します。

Excelで表を作成するやり方を説明します。これは、「簡単な」「簡単な」表を作成するやり方です。特に初心者の方には、どのような手続きをしているのかと躊躇していると思いますので、心地よい説明を心がけています。



テーブルを作るための簡単なステップ



ラフなステップ
Excelが大きいテーブルを作成する手順を「5」に分割してください。各ステップを個別に説明しながら、各ステップを慎重に説明します。今回は「テスト結果チャート」の一例です。


[Step1]新しいファイル(ブック)を作成する
[ステップ2]セルにデータ(値)を入力します
[ステップ3]飾る(外観を調整する)
[ステップ4]用紙に印刷する
[ステップ5]情報を保存する
[Step1]新しいファイル(ブック)を作成する
まず、Excelを起動してスリムな座を作ります。これは文房具店から新しいメモを買うことに似ています。

スポンサードリンク



1-1Excelを起動して新しいファイルを作成する


Excelを有効にして、新しいファイル(空のブック)を作成します。空白のブックは、パーソナルコンピュータ上の1つのファイルになります。

「空白の本」以外にも様々なスタイルがありますが、空白の本は「簡単な白いメモ」なので、扱いが簡単です。(「空白のブック」を作成するときは、空白のシートが1つ以上含まれています)。シート名の右クリックからいつでもシートのコピー、追加、または削除ができます。



新しいファイル(空の本)


[ステップ2]セルにデータ(値)を入力します
空のブックがある場合は、タイトル、見出し、値などの「データ」を入力します。
データを入力できる場合は、合計値、平均値などの「計算式」を入力します。

外観を調整するための「装飾」は、次の[ステップ3]で行われるので、まだここでは行いません。



2-1見出しを入力

 


まず第一にそれがタイトルです。左上のセルにタイトルを入力してみましょう(A1)。
(「行A」と「行1」を絞り込んでマージンに使用する人はいますが、推奨しません)
タイトルは、単にそれを見るだけで何が書かれているのかを認識できるはずです。


×:試験凝集


○:3年Bグループ2016年第1学期中間試験集計


タイトルを入力
ちなみに、「セル」はExcelの最小単位の2乗です。
英数字、文章、計算式などを入力することができます。
Excelの単位は、[Book]>[Sheet]>[Cell]の順に大きくなります。
1つの本は複数のシートで構成され、1つのシートは複数のセルで構成されます。

2-2見出しを入力


タイトルを入力したら、その行の下に見出しを入力します(2行目または3行目)。
見出しには、列の内容を記述する単語を含める必要があります。よく考えて、他の列をカバーしていない言葉を入れてください。

見出し項目を入力
ちなみに、「行」は水平方向の塊(1行、2行、3行、4行...)です。
「列」は、垂直方向のクラスタ(A列、B列、C列、D列...)です。

Ver2003まで、最大行数は65535行、最大列数は256列です。
Ver2003以降の場合、最大行数は1、048、576行/最大列数は16、384列です。

2-3値を入力


見出しを入力すると、実際の値を入力します。入力のトリックとして、それは水平方向(各個人用)に入力することが間違いではありません。

画像のようにアルファベット順に名前を並べる必要はありません。ここでは説明しませんが、「並べ替え機能」を使ってすぐに並べ替えることができます。

情報を入力


ちなみに、セルの移動ですが、TabキーでEnterキーで"Down"に、Tabキーで"Right"に移動できます。
Enterキーでセルの移動方向を自分で変更することができます。
[ファイル]>[オプション]>[詳細設定]>[キーを押した後にセルを移動]
上下左右から[Orientation]を選択>[OK]ボタンセルの移動方向を変更することができます。

2-4合計と平均を計算する
値を入力した後、計算(数式)を入力します。計算には、Excel用に用意された"関数"を使うのが便利です。総和は「Sum関数」、平均は「平均関数」を使用します。

※半角英数字で入力してください。

サム関数


Sum関数は、カッコで指定されたセル範囲の合計値を自動的に計算できます。
G3セルに「=SUM(B3:F3)」と入力すると、Aokiの合計得点が計算されます。
セルB8に"=SUM(B3:B7)"と入力すると、各国語の合計点が計算されます。

平均関数


Average関数では、括弧内のセル範囲の平均値を自動的に計算できます。
H3セルに"=AVERAGE(B3:F3)"と入力すると、青木の平均点が計算されます。
セルB9に"=AVERAGE(B3:B7)"と入力すると、各国語の平均点が計算されます。

計算式を含むセルの右下隅にマウスを置くと、十字になります。この十字をコピーするセルの方向にドラッグすると、計算式がコピーされます。

 

腕が上がったら資格取得へ!

日商PC検定試験データ活用3級公式テキスト&問題集 Microsoft Excel 2013対応 (よくわかるマスター*FOM出版のみどりの本) [ 日本商工会議所 ]

価格:3、024円
(2018/1/7 13:09時点)
感想(1件)