エクセル のテーブル を活用して表を作成する方法を伝授!

スポンサードリンク

 

 

エクセルの使い方と使用例:エクセルのテーブルという機能を使用して表を作成した実例です。難しい設定をすることなく、表の並べ替えや絞込みができるスゴイ表を作成できちゃうんです♪エクセルってスゴイですね。 動画リスト(一覧)は下記サイトをご覧ください。 


登録日:2017-12-27 01:03:20

 

エクセルのテーブルの書式を設定する方法

スポンサードリンク


適用対象:Excel2016Excel2013Excel2010Excel2007Excel2016forMacエクセルforMac2011


エクセルには多数の定義済みのテーブルスタイルが用意されており、これらを使用することでテーブルの書式をすばやく設定できるのです。

 

定義済みのテーブルスタイルが目的に合わない場合は、ユーザー設定のテーブルスタイルを作成して適用できます。削除できるテーブルスタイルはユーザー設定のテーブルスタイルだけですが、テーブルに適用されなくなった定義済みのテーブルスタイルはいずれも解除することができます。



エクセルのテーブルとして書式設定されたデータの例

 


[見出し行]や[集計行]、[最初の列]や[最後の列]、[縞模様(行)]や[縞模様(列)]、さらに[自動フィルター処理]などのテーブル要素に対するクイックスタイルのオプションを選択すると、テーブルの書式をさらに調整できます。

注:この記事のスクリーンショットはExcel2016で撮られたものです。別のバージョンでは表示が少し異なる場合がありますが、特に記載がない限り、機能は同じです。

表のスタイルを選択する


テーブルとして書式設定されていないデータ範囲が含まれている時にテーブルスタイルを選択すると、Excelが自動的にその範囲をテーブルに変換します。別の書式を選択して、既存のテーブルの書式を変更することもできます。

テーブル内のセル、またはテーブルとして書式設定するセル範囲を選択します。

[ホーム]タブで、[テーブルとして書式設定]をクリックします。

 



エクセルの[テーブルとして​​書式設定]のスタイルギャラリーで選択できるスタイル

使用するテーブルスタイルをクリックします。

注記:

自動プレビュー-エクセルは選択したスタイルのプレビューでデータ範囲またはテーブルを自動的に書式設定しますが、そのスタイルが適用されるのはEnterキーを押すかマウスをクリックして確定した場合のみです。マウスまたはキーボードの矢印キーでスクロールして、テーブルの書式を確認することができます。

[テーブルとして書式設定]を使用すると、データ範囲がテーブルに自動的に変換されます。テーブル内のデータを操作する必要がない場合は、適用したテーブルスタイル書式を維持したまま、テーブルを通常のデータ範囲に戻すことができます。詳細については、「Excelのテーブルをデータ範囲に変換する」を参照してください。

ユーザー設定のテーブルスタイルを作成または削除する
テーブルスタイルを解除する
テーブルスタイルのオプションを選択してテーブル要素の書式を設定する

 

スポンサードリンク