エクセルの セルの結合 のやり方を初心者でもわかりやすい動画解説付き!

 

スポンサードリンク

 

 

無料のパソコン講座を公開しています! 是非、チャンネル登録をお願いします。 ▼DesignPlusチャンネル(TCD) 【今回のExcel講座内容】 セルの結合・セルの内のデータの配置について説明をします。

 

複数のセルを結合し一つのセルにすることができます。また、初期設定では文字データはセル内で左揃え、数値データは右揃えですが、配置を変更することもできます。列幅より長いデータをセル内で折り返して表示させる操作についても確認します。 ▼講座形式の再生リストはこちら


登録日:2016-10-19 15:52:21

 

 

 まずはベースからセル範囲をひとつのセルに結合するには?

スポンサードリンク


まず、結合したいセル範囲を選択しまして、その上で右クリックして、表示されたショートカットメニューから、「セルの書式設定」をクリックします。





表示された「セルの書式設定」ダイアログボックス内の「配置」タブをクリックし、「文字の制御」の「セルを結合する」をクリックします。



「OK」ボタンをクリックして、「セルの書式設定」ダイアログボックスを閉じると……はい!セルが結合されています!





複数のセル範囲を効率的に結合する便利ワザ

 


結合したいセル範囲がいくつもある場合は、何回もセル範囲を選択して、「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示して、「セルを結合する」をクリックして……といった作業を繰り返すのは面倒ですよね。

そこで、結合したいセル範囲をまとめて選択しておいて、セル結合の操作を1回で済ませる方法をご紹介します。

通常、セル範囲を選択してから、別のセル範囲を選択しようとすると、選択されていた状態が解除されてしまいます。



このような、離れたセル範囲を連続して選択する場合は、「Ctrl」キーを押しながらセル範囲を選択します。この方法を使えば、結合したいセル範囲をまとめて選択できますね。



そして、選択されている任意の場所で右クリックして、「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示し、「配置」タブ内の「セルを結合する」をクリックすれば、この通り!一気に複数のセル範囲をまとめて結合できました!





もっと「簡単に」「手早く」セルを結合する方法は?

 


セルを結合する手順はご理解頂けたと思いますが、実は、これらの操作をもっと簡単に手早く済ませる方法があります!実は、Excelには「セルの結合」ボタンがあります。通常の設定では表示されていませんが、次の手順で表示させることができます。

エクセル2007以降では、[ホーム]タブの[配置]の[セルを結合して中央揃え]があるので、[▼]を押して操作を選べます。



[▼]では以下の4つのパターンが表示されます。

[セルを結合して中央揃え]

 

…セルが結合され、結合する前の左上のセルの文字のみが保持され、結合したセルの中央に表示されます

[横方向に結合

 

]…行単位で結合する。選択セルに複数の情報が入力されている場合、データのあるセルのうち最も左側の情報が保持され、表示されます

[セルの結合]

 

…行単位ではなく、全てのセルが結合される。結合する前の左上のデータのみが保持されて表示されます

[セル結合の解除]

 

…セル結合が解除される。セル結合によりデータが消えたセルは、解除してもデータは復活しない

スポンサードリンク