パソコンとインターネットの仕組みを図解。初心者わかりやすい【音速パソコン教室】

 

スポンサードリンク

 

 

【無料の7日間パソコンスキルアップ講座】 たった3秒で「メール」「ファイル管理」「Windows操作」を出来るようになる講座【Excel、Word、PowerPointをマスターできる講座】 最短14時間で自宅でマスターしたい方

ポートとソケットがわかればインターネットがわかる TCP/IP・ネットワーク技術を学びたいあなたのために/小川晃通【1000円以上送料無料】

価格:2、462円
(2018/1/7 17:48時点)
感想(0件)



 

インターネットとは?


インターネットは、家、会社、学校などの各ユニット用に作成された各ネットワークを外部ネットワークに接続するシステムです。外部ネットワークに接続するには、ルータと呼ばれるデバイスまたはインターネットサービスプロバイダと呼ばれる通信事業者のサービスを使用します。世界規模でコンピュータ同士を接続する最大のネットワークであると言えます。


ネットワーク上の他のコンピュータにデータとサービスを提供するコンピュータはサーバーと呼ばれ、サーバーから提供される情報とサービスを使用するコンピュータはクライアントと呼ばれます。私たちは通常、パソコン、携帯電話、スマートフォンなどをクライアントとして使用しています。

メールサーバーやWebサーバーなど、多様な役割を持つ多数のサーバーがインターネットにインストールされています。クライアントからのリクエストに応じて、これらのサーバーは別のサーバーに情報を送信したり、クライアントに持っている情報を渡して電子メールを送信したり、Webブラウザでホームページを見ることができます。

インターネット上では、TCP/IP(T-cipy・IP)という標準化されたプロトコルが、コンピュータ間で通信するために使用されます。プロトコルは、コンピュータが情報を交換するときの共通言語のようなものです。このメカニズムのおかげで、さまざまなコンピュータがモデルの違いを超えてインターネット上で通信することができます。

スポンサードリンク


インターネットにおいて、データの宛先を管理するための情報は、各コンピュータに割り当てられたIPアドレスと呼ばれる情報である。このIPアドレスは世界中で受け入れられているアドレスのようなもので、次の例のように書くのが一般的です。

IPアドレスの例:198.51.123.1

しかし、このIPアドレスはコンピュータ上での処理に適しているため、人間がそのまま扱うことは難しいので、ホームページや電子メールを使用して相手のコンピュータを識別するためには、その名前が使用される。

ドメイン名を用いた記述方法では、例えば、ホームページのアドレスに"www.soumu.go.jp"と指定する。ネットワーク上には、これらのドメイン名とIPアドレスを翻訳する機能を持つサーバー(DNSサーバー)があり、ドメイン名をIPアドレスに自動的に変換することで、電子メールの宛先と接続先を指定できますそのホームページを探す仕組みです。

 

スポンサードリンク