タイピング練習のコツ【1-1】(ブラインドタッチ)キーボード講座

スポンサードリンク

 


 

タッチタイピング練習(ブラインドタッチ)の10回講座です。 >次回

▼おすすめタイピングゲームはこちら

機動戦士ガンダムSEED DESTINY バトルタイピングゲーム 初回限定版

価格:13、473円
(2018/1/6 22:58時点)
感想(0件)

キーボード入力を速くしたいパソコン初心者の方のためのタイピング講座を全10回のビデオ無料講座にて連載することになりました。 「タイピング」というものは、誰かに教わったり習ったりすることはあまり無い技術です。

 

スポンサードリンク

本屋さんに行けば「タイピングの本」がたくさん並んでいますが・・・ しかし、ビデオ(動画)でタイピングについて解説した教材は、不思議と今まで存在しなかったように見受けます。 そんな理由から、動画でわかりやすくレッスンすることによって、多くの方がタッチ・タイピング(ブラインドタッチ)を習得できるように、初心者・入門者向けに丁寧に解説をしようと考えたのが発端です。 正しいフォームやポジションを覚えることで格段にスピードと正確性が上がります。ぜひ、この10回講座を活用されて下さい。

 


タッチタイピングとは

 

タッチタイピングは、手(キーボード)を見ることなく画面を見ながら入力しています。私はパソコンを使い始めたばかりですが、もちろんキーボードの位置を確認しながら1本の指でポンポンに入っていたかもしれませんが、10本の指を使ってリズムに入りたいと考えていました。クールな外観に加えて、タッチタイピングの利点があります。

 

1:間違いをすばやく見つける
2:疲れていない

 

それは2つのポイントです。ちょうど手を見て入り、緊急に漢字に変換するのは、そうじゃない? " 「明日」、tが2回連続して入力されていると「知っている」となり、キーの位置がシフトし、gがtの代わりに入力され、「あした」となります。長い文章を入力した後、私は自分の顔を上げ、日本語の入力はオフにして、アルファベットですべて入力しました。間違いをすばやく見つけるには、画面を見ながらヒットする必要があります。

 

 

また、文書を手渡してレポートを書くとき、または他の書籍を参照してレポートを書くときには、文書を見てその言葉を覚えて、キーボードを見ながらそれを入力し、画面をチェックして、私たちの目を3つの場所に配分する。それに応じて顔(頭)が動くが、手を見る眼の上下運動だけでなく、体の負担もかなり軽減される。

次に、タッチタイピングでうまくいく秘訣は何ですか?まず、各キーに割り当てられている指の位置を覚えておいて、その指でそのキーを押してください。この決定されたキーの指の位置はホームポジションと呼ばれます。次に、ホームポジションについて説明します。

 

タッチタイピングの秘訣とは

 

 

タッチタイピングの改善の秘訣は、ホームポジションから学ぶことです
タッチタイピングを行うには、キーボードのホームポジションと呼ばれる固定位置に指を置き、各キーに指を伸ばして入力することが重要です。左手の人差し指をFキーに、右手の人差し指をJキーに、中指をDキーに、薬指をSキーに、薬指をAキーに、 Kキーの中指、Lキーの薬指、セミコロンの上に小さな指を置く)。ほとんどのキーボードは、ポットや線や点があるFやJですので、指で見ることで理解しやすくなります。いずれかのキーを押すたびに、指がこの位置に戻ることを確認します。このホームポジションに常に指を置くことができれば、キーの位置を逸脱することなく入力できます。人差し指も内側の行を担当しているので、かなり打つ鍵です。各指に割り当てられているキーについては、次の図を参照してください。

 

入力方式

 


文字入力にはローマ字入力と仮名入力があります。ワードプロセッサなどで入力するのに慣れている点を除いて、ローマ字入力をお勧めします。その理由は、使用する鍵の数が少ないためです。キーの位置を覚えるのは簡単です。仮名を入力した人は、仮名の位置を記憶して入力していますが、メールアドレスやインターネットのURLを入力すると、最後にもアルファベットを使用するので、両方の位置を覚えておく必要があります。これらの2つのポイントから、ローマ字入力のアルファベットキーを覚えていれば、あなたは大丈夫だとわかるでしょう。

 

 

しかし、ローマ字のアルファベットには包括的な音と有声音を入れる方法を学ばなければならないという欠点があります。おそらくあなたはローマ字を学んだでしょうが、「キヤ」を「キヤ」や「イテ」とタイプするのは難しいかもしれません。そのような場合には、「小文字は小文字のl(el)キーを押した後にその文字を押す」ということを覚えやすくなります。たとえば、「買った」と入力すると、「kaltuta」と「tsu」の前に「lal」の翻訳があります。頭の中に「翔」を入れるときは、「よ」は小さく、「よ」とするべきだと思う。私は徐々にそれに慣れますので、最初に考えてみましょう。

 

練習方法


ローマ字を入力する人は、基本的な「イエエイオ」を練習します。ビートする鍵は「アイウエオ」です。これは母音を入力するローマ字入力の基礎です。どうして覚えていれば、「アイウエオ」の位置を覚えていれば、それに「k」を、「kaiki ku ke ko」に「kakikukoko」を付け加えることができます。この基本的な5文字をまずマスターしましょう。その後、一度に1文字ずつ追加しましょう。

記憶するときは、目、口、手、足などの感覚を使って覚えるのが良いと思われます。この場合、「か、あk、e···」と入力して入力してください。

 

お勧めの一冊

タイピングが1週間で身につく本最新版 超簡単 超入門 ポケット図解 (Shuwasystem PC guide book) [ 佐藤大翔 ]

価格:810円
(2018/1/6 23:22時点)
感想(1件)