パソコンの画面を左右2分割にする方法【音速パソコン教室】

スポンサードリンク

 

 

【無料の7日間パソコンスキルアップ講座】 たった3秒で「メール」「ファイル管理」「Windows操作」を出来るようになる講座【Excel、Word、PowerPointをマスターできる講座】 最短14時間で自宅でマスターしたい方
登録日:2017-11-11 10:27:48

 

Windows 10がすぐわかる本 基本操作からカスタマイズまでコレ1冊で全部できる! (100%ムックシリーズ)

価格:950円
(2018/1/8 10:50時点)
感想(3件)

 

1.マルチ画面って


デュアルディスプレイとは、1台のパソコンに2台以上の画面を接続して利用する方法です。

DTPやグラフィックスなど画面に収まらないほどの広大な編集画面が必要な分野、デザイン的要素の強い業務での作業用とし利用されたり、デイトレーダーの様にさまざまな数値を同時に見ながら作業を行うために用いられますが、そんな専門分野を持たない人にも便利な画面の使い方です。



2.私がデュアルディスプレイを使い始めたきっかけは?

スポンサードリンク


2012年に全面的に地デジ化が進み、アナログテレビ放送が終了したのがきっかけでした。

20年以上使ったブラウン管のテレビはさすがに大きくて邪魔になったので地デジ対応のテレビを購入した時に電気店に引き取ってもらいましたが、小型の液晶テレビはDVD閲覧用にでもしようととりあえず捨てずに取っておきました。

それを試しにブログの更新やネットサーフィン用に使っていたノートパソコンにつないだのが始まりです。

海外製の安物のテレビでしたが利用するのにまったく支障もなく便利に使うことができました。

「会社で支給されるパソコンがデュアルディスプレイ標準仕様がきっかけ」という方も今は多いかもしれませんね。



3.デュアルディスプレイて、そんなに便利なのか?

 

これは一度使ってみるとわかります。

専門的な作業をしていなくてもデュアルディスプレイは本当に便利です。

自宅でもそうですが、現在では会社のPCもデュアルディスプレイにしており、仕事でも更にその便利さの恩恵を享受しています

特に測定している訳ではありませんが、2倍から3倍は作業効率が上がるのではないでしょうか?

私は既にこれなしではPCを使いたくありません。

作業そのものに集中できるのもいいです。

その良さは『複数の画面の表示切替が不要』であったり、『データを参照しながら何かを入力する時に便利』ということに集約されそうです。

スポンサードリンク